カレンダー
    05 ◇ 2017/06 ◇ 07

    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

アクセスカウンター
アクセス解析
*参加してます*

    人気blogランキングへ ランキング参加しております。面白かったら1クリックで投票できます♪よろしかったら是非m(_ _)m

My Blog List★

*お仕事探しはこちらから*

    マネキンやるならまずは、会社選びが大事!お仕事探しは時短で賢くするのがポイント♪webサイトで調べてみよう!

    エントリーしてバイトする♪モバイルドットコム♪ 3分で登録完了!お仕事までの手続きも簡単!!スケジュールも自由自在♪ お金がもらえて友達もできる!?モバイトドットコムはこちら!!

*お仕事する店舗をしらべるならば*
*マネキンのお仕事便利アイテム*

    えきから時刻表 マネキンのお仕事では遅刻は厳禁!前日などに到着時間やアクセス方法調べる際に使えるサイトですよ♪

*マネキンのお仕事必須アイテム その1*
*マネキンのお仕事必須アイテムその2*
*マネキンのお仕事必須アイテム その3*
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  ↑Top Page.

かごの中から見えたこと

2005年09月22日[15:10:51]
自己紹介欄にも書いてますが、派遣で働く前は正社員としてスーパーのレジ担当をしてました。約4年?働いてたわけですが、いつもレジ打ちというわけではございません。

説明すると。
サービスカウンターでお客様の応対やら商品放送、レジの現金管理に資材の発注、パート・アルバイトさんの教育・・など実は、ものすごく体力も気力も要する仕事だったりします。
これらの経験は、派遣をやるようになって本当に「自分の力」になってる、と実感する時がしばしあるのです。
だけど、これは「あくまでも個人的経験の上での話」
まぁ、その辺はまた詳しく話すとして・・・

今日はタイトルにもあった、「かごの中からみえたこと」
これは、さかのぼること6年前。
店舗でいえば、3店舗目で立場でいえば私がサブチーフだった頃のこと。

当時いた店舗は、全店でも売り上げが下な店だった。
売り上げが低いってことで、ギスギスしたイメージがあるかもしれない
けど、人数もさほどいないせいかアットホームで居心地のいい雰囲気
が醸し出していた。
そんなある、日曜日の昼のこと。
お昼ごはんの時間だったので、休憩室に入ったら・・・・

あちこちのテーブルで、パートさんと精肉や鮮魚のチーフが
まるで、「文化祭」のようにテーブルでわいわいやっていた。
何?
と思ったら、レジのパートさんから用紙をもらった。

どうやら、近くにできた競合店(ライバル店、ともいう)の商品を購入し、自分の店舗との違いを知る、ということで食べ比べをしてるらしい。
名札もパッケージもわからないようにし、
「自分の店舗の商品はどれだ!」ってのを当てるそうな。
まるで・・・

美味しいんぼうの栗田さんみたいな気分(笑)

豆腐やお刺身、惣菜のコロッケ、焼肉(肉はタレなし、ってのが涙)
に牛乳・・・とにかく、食べて自分とこだったらA、他店ならBという風に記載。
他部門のパートさんとわいわいやりながら、試食しまくって・・

昼ごはん代が浮いた

ってことは、内緒にして(笑)
珍しいことやるなぁ~と思いながら、答えをかいた。
その日の閉店後、事務所に行くと店長がニヤニヤしながら
昼の解答用紙をみてた「・・よっしー」

声をかけられると、こう言った。
「お前、この回答みてみろよ・・こいつらの生活基準ってのがまる
わかりだよ。例えばな、おまえんトコのパートのOさん、いつも競合の店で買ってるのか知らないが、答えがみんな逆なんだよ」

見ると、自分の店である商品を競合店のもの、と判断した回答がそこにあった。「家で安いものばっか食べてるんだろうな、きっと」

「店長それは失礼じゃないですか(怒)」
裏表がない性格とはいえ、根っからの毒舌な店長はバッサリと斬る。

「だけどな、青果のAさんの答えみてみろ。あいつん家って金持ってるからやっぱ、いいもの食べてるから味がわかるんだよ。違いがわかるんだよ。しかも、あいつは味の特徴を書く欄も、事細かく書いてるだろ?
な?それに答えもほぼパーフェクトだろ?」

確かに、パートさん全体でみると№1に入る的中率。
「自分で売ってる商品の味を知らないで、商品を勧めるなんておかしいだろ?だからな、あーやって食べ比べる機会を作って自分の店の味を確かめて広めさせるんだよ。
あいつらだって、客のひとりなんだからな・・」


あぁ、なるほど!!
今日の「文化祭まがい」は、単に食べさせるだけではなかった
んだ!そういうことか、とあの時の私は納得した記憶がある。

日常のほんの、些細な出来事なんだけど未だに忘れられない。
マネキンの仕事を副業でやるようになってから、なおのこと。


それ以来、商品を売ってる時にふとあの当時ののやりとりを思い出し
ひとりでニヤニヤしてしまう。





スポンサーサイト

スーパーで働いてた頃 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  ↑Top Page.

コメント一覧
この記事へのコメント◇
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 
トラックバック
  • スポンサーサイトかごの中から見えたことのトラックバックURLはこちら
  • http://manemanelife.blog25.fc2.com/tb.php/3-78134463
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。